ドレスの形はどんな種類があるのか知っておく

自分に似合うドレスはどれ?ウェディングドレスの種類を知ろう!

ウェディングドレスに憧れていてもよく分からない、という人は多いのではないでしょうか。ウェディングドレスには様々な種類があるので、自分に合ったデザインやスタイルを選ぶことが重要となります。

ウェディングドレスの種類として、先ずAラインが挙げられます。アルファベットのAのようなシルエットで、ウェストから裾まで直線的にスカートが広っています。次にウェストから裾にかけてふわっと大きくスカートが広がっているプリンセスラインがあります。そしてタイトなドレスの膝下からのラインが、人魚の尾ひれのように広がっているのがマーメイドラインです。また直線的なスタイルで身体のラインが強調されるスレンダーラインや、胸下の高い位置にスカートの切り替えあって縦長な印象のエンパイアラインがあります。その他、腰から裾にかけてベル(鐘)のような形のベルラインやミニ丈ドレスも人気です。

カバーしつつ個性を出せる!最高に似合うドレスを選ぶためには?

ウェディングドレスは種類も多いので、選ぶのはなかなか大変ですよね。選ぶコツとして自分がドレスを着用しているイメージを抱きながら、ドレスを見ていくことが重要となります。自分が心で描く花嫁姿、式場で自分をどのようなイメージで見せたいのかを考えながら見ていきます。また自分が個性として強調したい部分や、体型などカバーしたい部分なども考えて判断することも必要です。

そしてある程度絞れて試着する際にも、気をつけることがあります。正面や後ろ姿を見て全身スタイルの確認することや、ゲストの視線が集まるデコルテ周りや胸元のチェックすることも大切です。また着心地やドレスの重さも、選ぶ基準といえます。ウェディングドレスそれぞれの特徴を理解して、最高の瞬間を演出できるドレス選びを成功させましょう。

結婚式が安い式場においては、平日やオフシーズンの限定のプランを用意したり、挙式や披露宴の時間を短くしたりと様々な対応が行われていますので確認が必要です。